■妊娠中の飲酒

飲酒はたばこ同様、お腹の中の赤ちゃんへも悪影響を及ぼします。
出産時の胎児の流産・早産の可能性など、様々なリスクが高まりますので、
出来る限り禁酒することをお薦め致します。
最近はノンアルコールの飲み物が増えましたので、そういったもので代用しましょう。

禁酒で極度のストレスになってしまう場合は、
お医者さんと相談して、たまにアルコールを摂取するのも1つの方法です。
ですが、妊娠中は足元がふらつく程アルコールを飲むような事があってはいけません。

飲酒は赤ちゃんにとっては悪影響ですので、
出来る限り辞めるようにしましょう。